活用シーン

問い合わせ応対や資料探しなど、PEPの具体的な活用シーンと
各シーンにおけるメリット・設定例をご覧いただけます。

活用シーン一覧

営業部門内の資料や顧客情報検索の自動化、生産性向上

営業部門で仕事をしたことがある方は、無駄な業務工数を削減して売上機会を増やすことが経営的にどれだけ重要かを知っています。 AIアシスタントは様々な情報を即座に探す優秀な右腕となり、営業部門の生産性向上に寄与します。

マニュアル探しや社内の専門知識標準化

たとえばメーカーやIT業界の技術部門、専門知識を要するナレッジワーカーは組織的に知識を保有し活用しています。 AIアシスタントは社内知識検索コストを削減すると同時に、ナレッジデータベース(集合知)として資産化するという目的を持っています。

バックオフィスの問い合わせ応対工数削減

AIアシスタントがもっとも活用されるシーンのひとつが、バックオフィス(人事、総務、労務、法務、財務、経理等)への問い合わせ応対自動化です。 こうした業務は「同じような質問が異なる人から何度も来る」という課題の代表例です。

情シス・ヘルプデスクの問い合わせ応対工数削減

テレワークの一般化により仕事環境は変化し、これまでになかったタイプの質問が情シスやIT部門、ヘルプデスクに集中しています。 こうしたタイミングで起きがちな繁雑化する問い合わせ応対を、AIアシスタントは代替してくれます。

本社⇔店舗/支店の応対工数削減

複数店舗/支店を展開する業態では、物理的な距離がある分、業務応対が繁雑化します。 AIアシスタントであれば24/7稼働するので、現場からの問い合わせ応対も非常にシンプルになります。

カスタマーサポートにおける応対工数削減

既存顧客からの応対施策は多岐に渡りますが「重要度別に対応方法を切り分ける」という考え方が重要です。 PEPは問い合わせ応対に自動で回答し、有人チャットにも切り替えられるため、応対クオリティを担保しつつ業務を効率化できます。

PEPの活用シーン・活用方法についてさらに詳しく知りたい方は お問い合わせください

コスト削減効果を無料で
シミュレーションできます
導入検討にあたっての
個別相談を承ります
PEPの詳細について
知りたい方はこちら

お電話でのお問い合わせ03-6277-5463平日10:00~18:00