本社⇔店舗/支店の応対工数削減

営業メンバーが「顧客と向き合う」時間に集中すべく、
AIアシスタントが事務的な業務を代行します

本社⇔店舗/支店の応対工数削減

たとえば店舗で「レジが故障した」「会員カードの作り方が分からない」「シャッターの閉め方が分からない」といった問い合わせは頻繁に起きています。メンバーの入れ替わりも多いと、店舗単位で知識レベルもバラバラになりがちです。
こうしたとき、これまでは本社に電話するというケースが一般的でしたが、本社側にはそこまで応対するスタッフが充足しておらず、応対工数が膨れ上がることもよくあります。
また、緊急事態時の迅速なやりとりを想定した際には、このような体制では不安が残ります。AIアシスタントであれば即時で安否確認を従業員に送ったり、困っている現場の状況を一意に把握するとったことも可能になります。

本社⇔店舗/支店の応対負荷

多方面から類似の質問

「同じような質問が異なる人から何度も来る」という課題が、さまざまな企業にあります。

定型的な質問はAIアシスタントが対応を任せましょう。

周知の経路がバラバラ

全体周知の度に、営業担当や本社支援チームが個別にアナウンスをすることは、多くの工数がかかります。

運用変更や災害・トラブル発生時の一次応対は、自動化の余地があります。

履歴の活用

  • 問い合わせの履歴は溜めているものの、ナレッジ化ができていない
  • 人によって回答が異なってしまい、応対の平準化ができていない

      等の悩みも各業種で存在しています。

情報はAIアシスタントで管理

本社⇔店舗/支店の在り方

従来(会社勤務)

探し方
受けた依頼・問い合わせに対処
検索効率
メールや電話、社内システム等

特徴
・土日も出勤して対応
・休みなしで携帯電話に受電

現在(在宅勤務)

探し方
対応が必要な連絡のみ
検索効率
テレワーク環境下でも
使えるチャットツールに限定
特徴
・必要最低限の業務を取捨選択
・リモートで実現できる範囲に限界
・成果の定義がされていない

今後

探し方
人が本来やるべき業務に従事
検索効率
クラウドなどを用いて
遠隔でもヘルプデスク応対
特徴
・社会的に自動化やAI導入が進む
・リモートワークでも成果が求められる

PEP活用のメリット

PEPで作成したAIアシスタントは様々なクラウドサービスと連携したり、社内イントラの情報と紐づけできるので「どこに何があるか」を即時で探し当てます。
社内情報の窓口がひとつになることで、営業メンバーの生産性が格段に向上するでしょう。もちろん、外出先からもスマホで一発検索可能です。
他にも「営業日報や商談議事録を帰社してからSFAに入力する」というフローを 「商談後、外出先からスマホでAIアシスタントに日報や議事録をワンタッチで入力し、 AIアシスタントがSFAに転記する」 に変更し、大幅に現場の生産性を上げた事例もあります。
メーカー、商社、人材などのBtoBから、不動産、ブライダル、サービスなどのBtoCまであらゆる業態で応用可能です。

関連する事例のご紹介

株式会社ライフコーポレーション

2020-05-27 10:00

ライフコーポレーション様では、日々忙しい各店舗のバックヤードから、毎日のように本社に問い合わせがいき、本社はその対応に追われるという状況が続いていました。そこでAIアシスタントを導入することで双方の利便性向上を実現したのです。

PEPの活用シーン・活用方法についてさらに詳しく知りたい方は お問い合わせください

コスト削減効果を無料で
シミュレーションできます
導入にあたってのお悩みや
ご不明点をお話しください
導入にあたってのお悩みや
ご不明点をお話しください

お電話でのお問い合わせ03-6277-5463平日10:00~18:00