マニュアル探し/社内の専門知識標準化

営業メンバーが「顧客と向き合う」時間に集中すべく、
AIアシスタントが事務的な業務を代行します

マニュアル探し/社内の専門知識標準化

専門的な知識を要する人員=「人的資産」や、特許などの「知的資産」、マニュアルやノウハウなどの「基盤的資産」など、すべての会社は「見えない資産」を保有していると言われています。

こうした資産を標準化することは、DX(デジタルトランスフォーメーション)の大目的のひとつです。

製品マニュアルや、独自技術・ノウハウをAIアシスタントに次々インプットし、「誰が聞いても同じナレッジを返す」という標準化を図ることで、「知識」という経営資産を強固なものにしていきましょう。

専門知識・特定領域のナレッジ活用

俗人化した情報

専門的になればなるほど、「特定の人しか情報を知らない」という、いわゆる属人化が起きがちです。これは長期的に見れば経営的なリスクと捉えることができるでしょう。

情報の資産化

ナレッジデータベース(集合知)の整備がされていないと、社内知識検索コストが必要になります。

情報検索による時間浪費

勤怠ルールや稟議マニュアル、各種手順書を探したり、送付したりする時間は、自動化してしまうことで工数削減が見込めます。

情報はAIアシスタントで管理

マニュアル・ナレッジの探し方

従来(会社勤務)

探し方
ポータルサイトの検索・業務担当に個別確認
検索効率
詳しい人がいれば効率が良い

特徴
・よく質問を受ける人が固定され、
 いなくなった際にノウハウが残らない
・業務担当がいないと解決できない

現在(在宅勤務)

探し方
自分でわかる範囲で検索
検索効率
すぐに聞ける人がいないので
検索効率が悪い
特徴
・電話やチャットでの相談は、
 双方の時間ロスが発生する
・新人/中途社員にとっては業務遂行に
 影響あり

今後

探し方
ナレッジベースから、適切な回答を提案
検索効率
AI学習によって日々向上
特徴
・検索性が高まり、探す時間を短縮
・検索ログから、頻繁に利用されている
 資料の見える化が可能
・研修や組織体制など経営レベルの意思
 決定に活用できるデータの蓄積

PEP活用のメリット

PEPで作成したAIアシスタントは様々なクラウドサービスと連携したり、社内イントラの情報と紐づけできるので「どこに何があるか」を即時で探し当てます。
社内情報の窓口がひとつになることで、営業メンバーの生産性が格段に向上するでしょう。もちろん、外出先からもスマホで一発検索可能です。
他にも「営業日報や商談議事録を帰社してからSFAに入力する」というフローを 「商談後、外出先からスマホでAIアシスタントに日報や議事録をワンタッチで入力し、 AIアシスタントがSFAに転記する」 に変更し、大幅に現場の生産性を上げた事例もあります。
メーカー、商社、人材などのBtoBから、不動産、ブライダル、サービスなどのBtoCまであらゆる業態で応用可能です。

関連する事例のご紹介

株式会社カクイチ

2020-04-16 10:00

カクイチ様は、Slackを活用して全社業務改善を実現するなど、最先端の業務改善を推進する側面を持っています。同社の生産性向上の次の一手は、AIアシスタントの導入でした。

PEPの活用シーン・活用方法についてさらに詳しく知りたい方は お問い合わせください

コスト削減効果を無料で
シミュレーションできます
導入にあたってのお悩みや
ご不明点をお話しください
導入にあたってのお悩みや
ご不明点をお話しください

お電話でのお問い合わせ03-6277-5463平日10:00~18:00