営業部門内の資料や顧客情報検索の自動化、生産性向上

営業メンバーが「顧客と向き合う」時間に集中すべく、
AIアシスタントが事務的な業務を代行します

営業部門内の資料や顧客情報検索の自動化、生産性向上

営業部門内の資料や顧客情報検索の自動化、生産性向上

営業は常に社内情報を探しています。しかし、
「過去の提案資料やコンペ資料の保存先が不明」
「見積書や契約書のひな形は、社内イントラのどこかにあるが見つけにくい」
「商談履歴や名刺情報は、CRMやSFAなどのクラウドサービスに保存されている」
と、情報は分散していることが多く、結果的に人に聞いて探すといった属人的な作業になりがちです。

資料が見つからない上に、結果的に同じ資料を作成していたということも、しばしばあります。
無駄な業務工数を削減し、その分売上機会を創出することが営業部門における生産性向上の価値ですが、
AIアシスタントはこの一歩目を実現してくれます。

営業部門における生産性向上余地

売り上げ機会の損失

売上状況把握、顧客情報、商談履歴、提案資料、契約書・見積書ひな形など、営業の現場ではあらゆる情報が日々飛び交っています。
こうした情報探しや情報整理に時間をとられると、本来の「顧客と向き合う」時間が削がれがちです。

不要不急の業務

上司から部下、部下から上司、他部署の人に質問をすることで、質問を受ける側は本来すべき業務が止まってしまうということが、しばしあります。

情報検索による時間浪費

「過去の提案資料や顧客情報探し」の時間があるなら、一社でも多くの顧客とやりとりをし、一枚でも多くのクリエイティブな企画書づくりに割いた方が良いでしょう。

情報はAIアシスタントで管理

営業ノウハウ/スキルのインプットや知識検索の変遷

従来(会社勤務)

探し方
ポータルサイトの検索・業務担当に個別確認
検索効率
詳しい人がいれば効率が良検索い
特徴
・よく質問を受ける人が固定され
 退職や求職時にノウハウが残らない
・業務担当がいないと解決できない

現在(在宅勤務)

探し方
自分でわかる範囲で検索
検索効率
すぐに聞ける人がいないので検索効率が悪い
特徴
・電話やチャットでの相談は
 双方の時間ロスが発生する
・新人/中途社員にとっては
 業務遂行に影響あり
・心理的安全性など新たな課題が

今後

探し方
ナレッジベースから適切な回答を提案
検索効率
AI学習によって日々向上
特徴
・検索性が高まり、探す時間を短縮
・検索ログから、頻繁に利用されている
 知識ノウハウの見える化が可能
・研修や組織体制など経営レベルの意思
 決定に活用できるデータの蓄積

PEP活用のメリット

PEPで作成したAIアシスタントは様々なクラウドサービスと連携したり、社内イントラの情報と紐づけできるので「どこに何があるか」を即時で探し当てます。
社内情報の窓口がひとつになることで、営業メンバーの生産性が格段に向上するでしょう。もちろん、外出先からもスマホで一発検索可能です。
他にも「営業日報や商談議事録を帰社してからSFAに入力する」というフローを 「商談後、外出先からスマホでAIアシスタントに日報や議事録をワンタッチで入力し、 AIアシスタントがSFAに転記する」 に変更し、大幅に現場の生産性を上げた事例もあります。
メーカー、商社、人材などのBtoBから、不動産、ブライダル、サービスなどのBtoCまであらゆる業態で応用可能です。

関連する事例のご紹介

株式会社カクイチ

2020-04-16 10:00

カクイチ様は、Slackを活用して全社業務改善を実現するなど、最先端の業務改善を推進する側面を持っています。同社の生産性向上の次の一手は、AIアシスタントの導入でした。

PEPの活用シーン・活用方法についてさらに詳しく知りたい方は お問い合わせください

コスト削減効果を無料で
シミュレーションできます
導入にあたってのお悩みや
ご不明点をお話しください
導入にあたってのお悩みや
ご不明点をお話しください

お電話でのお問い合わせ03-6277-5463平日10:00~18:00