AIアシスタントで
Employee Experienceの向上を目指す

株式会社メルカリ

望月 達矢 様 People Experience Team Manager 
大橋 美沙季 様 People Experience Team

  • 導入の背景:社員全員が事業貢献に専念できる環境を目指すため
  • PEPを選定した理由:エンジニアでなくてもメンテナンスが容易だから
  • 導入後の効果:質問から回答までにかかっていた平均10時間が数秒に

メルカリ様には「人事や労務の業務は可能な限り自動化して、組織と個人のパフォーマンス最大化に向けた施策検討に時間を割きたい」と考えがあります。その一環として、一部の問い合わせ応対を自動化するだけでなく、問い合わせ内容の分析などデータ・ドリブンなアクションを実行できる仕組みも構築していくためにPEPを導入されました。

導入の背景:社員全員が事業貢献に専念できる環境を目指すため

People Experience Team  Maneger 望月 達矢 様:問い合わせがきた場合には、追加で質問の意味の確認をする場合や土日を挟むこともあるので、解決までに1件当たり数時間かかります。そこで24時間応対できるAIアシスタントを導入し、コーポレート部門の担当者の工数削減だけでなく、社員が問い合わせする前に自ら調べる工数や、回答を得るまでにかかるやりとりの時間の削減を図っています。

選定の理由:エンジニアでなくてもメンテナンスが容易だから

低コストは魅力の一つでしたが、何よりの決め手は、エンジニアではないコーポレート部門の人間でもメンテナンスが容易であることでした。よくありがちな、昔の人が設定したからメンテナンスができない問題「=通称:秘伝のエクセル」を解決すべく、マニュアルがなくても感覚的に使え、会話のフローも見やすく、ノンプログラミングで社内AIアシスタントを作成できるPEPの導入を決めました。

導入後の効果:管理部門と現場間の社内問い合わせ応対を10%削減

People Experience Team 大橋 美沙季 様:問い合わせに対する回答を24時間自動で、瞬時に出せことで、問い合わせから回答までに平均10時間6分かかっていた待機時間が数秒になり、従業員は本来の業務に集中できるようになりました。
また、PEPの有人対応機能により、個別できていた問い合わせもPEPの管理画面上で一元化できるようになったので、コーポレート側の負担も軽減されました。

他の事例も見る

全日空商事株式会社

全日空商事様は、繁雑なイントラ内の規程やマニュアル探しを一本化することで、全社的な業務改善を図るべくAIアシスタントを導入されました。幅広い管理部門の業務応対を自動化することで、問い合わせ応対工数10%削減に成功しています。

株式会社インターメスティック

「Zoff」を運営するインターメスティックの情報システム部では、より効率的な店舗運営のためにITの企画・運用を支援している。 店舗⇔本社間の社員同士のやりとりにはLINE WORKSを導入、PEPでAIアシスタントを構築して業務上の定型的な問い合わせ応対を自動化し、導入2か月で担当者の工数が80-100時間削減された。

株式会社メルカリ

メルカリ様は、一部の問い合わせ応対を自動化するだけでなく、問い合わせ内容の分析などデータ・ドリブンなアクションを実行できる仕組みも構築していくためにPEPを導入されました。

PEPの活用シーン・活用方法についてさらに詳しく知りたい方は お問い合わせください

コスト削減効果を無料で
シミュレーションできます
導入にあたってのお悩みや
ご不明点をお話しください
導入にあたってのお悩みや
ご不明点をお話しください

お電話でのお問い合わせ03-6277-5463平日10:00~18:00