ウェビナー

【1月20日開催】コロナ禍のコミュニケーションとチャットボット活用事例紹介

ウェビナーの概要

コロナ禍で対面から非対面へコミュニケーションのスタイルが変わっていく中で、どのようにチャットボットなどのITツールを活かし、生産性向上をしていくとよいのか。

実際にチャットボットの活用により業務効率化を図り、
生産性の向上に成功した企業の事例を元に、
社内業務を効率化するポイントをご紹介いたします。
登壇者紹介
株式会社ギブリー
取締役
山川 雄志

中央大学在学中に学生起業し、採用支援事業や広告事業を展開。
2008年同大学卒業。2009年株式会社ギブリー創業、取締役に就任。
現在の各事業のベースとなる事業開発、セールス、採用業務等を担う。
その後採用、教育研修等幅広い全社横ぐしの業務を経て現在は働き方改革事業を管掌、「AI×働き方改革」をテーマにAIアシスタント作成ツール【PEP(ペップ)】を立ち上げる。

日時

2021年1月20日(水) 12:00-12:40
※必要事項のご記入→送信でウェビナーを閲覧できます。
こんな方におすすめです
  • 情報システム部門やバックオフィス部門の方
  • 部門のマネジメントをされている方
  • 社内DX推進を担当されている方
  • 社内で業務改革に取り組まれている方
  •  業務自動化に興味がある方 
お電話やページ上のボットからもご相談を承っております。
アップロードしています。少々お待ちください。