ウェビナー

【9月25日開催】【API連携×チャットボット】200種類以上のデータとAPI連携し業務自動化を実現するAIアシスタントPEP

ウェビナーの概要

コロナ禍で急激にDXというワードが飛び交うようになりました。
切り口も様々なDXを推進する上で、現場が普段利用しているサービス同士を組み合わせる「API連携」が改めて注目されています。

しかし技術的なハードル、ユーザビリティとしてのハードルが高く、有効活用されている事例はまだまだ多くありません。
そこで今回、
・効果的なサービス同士の連携
・いかに簡易に連携させられるか
・UXとしてはどうあるべきか?
といった点を、
AIアシスタントPEPで、
いち早く様々な企業のDXを支援してきたPEP事業責任者の山川が話します。

当日は、
チャットツール上のAIアシスタント(チャットボット)をインターフェースとして、クラウドやオンプレミスに存在する200種類以上のデータをつなぐことにより、現場のITリテラシーによらないDXを実現する手法を事例と共にお伝えします。
登壇者紹介
株式会社ギブリー
取締役
山川 雄志

中央大学在学中に学生起業し、採用支援事業や広告事業を展開。
2008年同大学卒業。2009年株式会社ギブリー創業、取締役に就任。
現在の各事業のベースとなる事業開発、セールス、採用業務等を担う。
その後採用、教育研修等幅広い全社横ぐしの業務を経て現在は働き方改革事業を管掌、「AI×働き方改革」をテーマにAIアシスタント作成ツール【PEP(ペップ)】を立ち上げる。

日時

2020年9月25日(金) 11:00-11:40
※必要事項のご記入→送信でウェビナーを閲覧できます。
こんな方におすすめです
  • 現場の課題をデジタル技術を用いて解決したい方
  • 社内IT・エンジニアの方
  • チャットツールとクラウド上のデータなどを連携させることで、手軽なDXを実現してみたい方
  • 社内で業務改革に取り組んでいる方
  •  業務自動化に興味がある方 
お電話やページ上のボットからもご相談を承っております。