ウェビナー

【8月19日開催】チャットボット導入でバックオフィスの応対コストは本当に削減できるのか

ウェビナーの概要

チャットボットを導入することで、果たして本当にコスト削減はできるのか。
多くの企業でチャットボット導入を支援してきたPEP事業責任者の山川が、
チャットボット導入後の成功・失敗を分けるポイントを実際の事例を交えながらお話させていただきます。

バックオフィスの方々を中心に、社内で寄せられる多くの問い合わせ。
問い合わせはコミュニケーションの1つではありますが、
それだけでは何も価値を生み出しません。

問い合わせの数が多くなればなるほど、
何も生み出していない時間が増えているといえますし、
本来生産活動にかけられる時間も奪われます。

また、問い合わせする側も、
答えを得るまで生産活動に移れないケースもあり、
問い合わせ応対は、問い合わせする側、される側、
双方にとってのコストと言えます。

今回は主にバックオフィスの方向けに、
PEPを使った具体的な事例を交えて、
問い合わせ応対業務にかかるコスト削減と、
その成否を分けるポイントについてお話しいたします。
※必要事項のご記入→送信でウェビナーを閲覧できます。
こんな方におすすめです
  • 情報システム部門の方
  • 経営企画やバックオフィス(総務人事、財務経理等)の方
  • 社内で業務改革に取り組んでいる方
お電話やページ上のボットからもご相談を承っております。