PEP

会話科学で働き方改革を一歩前へ
チャットボット型業務改善ツール

03-6277-5463[受付時間]平日9:00-18:00

イベント・お知らせ

PEPとMicrosoft Teamsが連携開始。 ノンプログラミングで誰もが簡単に Microsoft Teams内でチャットボットを作成可能に。

株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井手 高志、以下ギブリー)が運営するチャットボット型組織改善ツール『PEP』(ペップ)は、日本マイクロソフト株式会社が提供するグループチャットソフトウェア「Microsoft Teams(以下、Teams)」との連携を開始しました。Teamsを利用されている企業様であれば、誰でも簡単にチャットボット型のバーチャルアシスタントをワークスペース内に作成することができるようになります。


ワークスペース内にチャットボットを作成すると、社内のよくある問い合わせに自動的に回答したり、ボット側から特定の社員に通知→リマインドなどを行うことができます。また、API連携機能を活用すれば、各種クラウドサービスなどから情報を引き出したり、ワークフローの自動化を行うことも可能です。

このようなバーチャルアシスタントとしてのチャットボットがMicrosoft Teamsのワークスペースに常にいることで、日々よくある問い合わせの応対や、ドキュメントやマニュアルの場所を探すという作業を代行してくれるため、ご利用されている方々の生産性向上に寄与することになります。

本発表にあたり、日本マイクロソフト株式会社よりエンドースメントを頂戴しております。

株式会社ギブリー様のPEPとMicrosoft Teamsの連携の開始を心より歓迎いたします。Office 365 でのチーム コラボレーションのハブとなるTeamsにとって、チャットボットは業務の効率化を促す鍵になります。Teamsのコミュニティでも積極的にご紹介していきたいと考えています。日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 Microsoft 365ビジネス本部 本部長
三上 智子


PEP(ペップ)について

PEPは、繁雑な業務上の問い合わせ応対を自動化し、組織内コミュニケーションの生産性向上をチャットボット型組織改善ツールです。
これまで社内ヘルプデスクに多大な工数/コストをかけていた間接部門側はもちろんのこと、「問い合わせへの回答を待たないとアクションが起こせない」「心理的に簡単な質問を人に聞きづらくそのままにしていた」といった社員側のコスト/工数/負担の削減にも寄与いたします。
PEPでは機械学習を用いて作成した当社独自のシステム辞書を活用し、意図解析モジュールを利用してユーザの発言意図を解析しているため、言語の表記揺れの調整や類似単語の認識を自動化しています。

また様々なクラウドサービスとAPI連携を行い、必要な情報を必要な時にチャットボットに表示させることができるため、繁雑なワークフローを自動化するバーチャルアシスタントとして活用することができます。

https://pep.work/


PEP LINE WORKS連携版の特長

・プログラミングの必要なく、誰でも簡単にLINE WORKS内でチャットボットを作成できる。
・LINE WORKS上で作成したチャットボット側からユーザーに対して部署ごと、属性ごとにメッセージの送信が可能。
・どのユーザーがどう回答したかの集計し、未回答のユーザーに対して日ごと、週ごと、月ごとなどに自動のリマインド通知を行うことが可能。
・各種クラウドサービスとAPI連携を行い、ボットから情報を引き出すことが可能。
・分析やレポートも可視的に行えて、社員状況把握や組織状況などの経営的な指標にも活用可能。
・テキストを自由入力した場合、自然言語処理をして最適な回答をレスポンス。


「Microsoft Teams」について

Microsoft Teamsは、チーム力を最大化するコラボレーションツールです。Office 365の様々なアプリケーションと連携し、履歴の残るチャットや音声・ビデオの会話を交えて、いつでもどこでもチームメンバーとの密なコミュニケーションを実現します。慣れ親しんだOfficeアプリケーションに完全に統合され、Office 365の、グローバルで安全なクラウド基盤によりサービス提供されています。

サービス紹介サイト
https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software


PEP Microsoft Teams連携版の特長

・プログラミングの必要なく、誰でも簡単にMicrosoft Teams内でチャットボットを作成できる。
・Microsoft Teams上で作成したチャットボット側からユーザーに対して部署ごと、属性ごとにメッセージの送信が可能。
・どのユーザーがどう回答したかの集計し、未回答のユーザーに対して日ごと、週ごと、月ごとなどに自動のリマインド通知を行うことが可能。
・各種クラウドサービスとAPI連携を行い、ボットから情報を引き出すことが可能。
・分析やレポートも可視的に行えて、社員状況把握や組織状況などの経営的な指標にも活用可能。
・テキストを自由入力した場合、自然言語処理をして最適な回答をレスポンス。


PEP利用用途のイメージ

・総務や情シスへよくある問い合わせの一次応対。
・各種申請フォーマットのありかを即時に返す。
・社内イベントなどの個別出欠管理。
・緊急連絡と個別の安否確認。
等など、アイデア次第で色々なことを[自動化]することができます。


株式会社ギブリーについて

ギブリーは「すべての人に成長を」を理念に掲げ、「成長支援事業」を展開しています。主に、エンジニア領域に特化したHR Tech事業、Conversation Tech事業、Incubation事業の3本を事業の柱としています。
https://givery.co.jp


会社概要

社 名 :株式会社ギブリー
所在地 :東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8階
代表者 :井手 高志
設 立 :2009年4月28日
資本金 :10,000,000円
事業内容:
・HR Tech事業
・Conversation Tech事業
・Incubation事業


本リリースに関するお問い合わせ

株式会社ギブリー https://givery.co.jp/
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
Tel: 03-6277-5463(サービス担当:山川 広報担当:濵) / Mail:press@givery.co.jp

SNSで記事をシェアする

前の投稿 チャットボット型… ASCII Te… 次の投稿
ページ上部へ戻る