Slack Japanを招き社内AIアシスタント「PEP」× Slackで実現する「組織内の生産性向上」をテーマとしたセミナーを開催

Slack Japanを招き2019年2月19日(火)にAIチャットボット型Workflow Automation「PEP」× Slackで実現する「組織内の生産性向上」をテーマとしたセミナーを開催

AIチャットボット型Workflow Automationツール『PEP』(ペップ)を運営する株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井手 高志、以下ギブリー)は、2月19日(火)に『組織内コミュニケーションの生産性向上を図り働きやすい環境を創る「ビジネスコラボレーションハブ」』をテーマとしたセミナーを開催いたします。なおゲスト企業として、Slack Japan株式会社様とレバレジーズ株式会社様にご登壇いただきます。
<詳細及び参加申し込みはこちら>
http://bit.ly/slack_pep

■セミナーでお伝えする内容(一部)

  • ビジネスコミュニケーションツール活用で得られる効果、メリットとデメリット
  • 「ビジネスコラボレーションハブ」Slackの有効活用事例
  • AIチャットボットを活用してどのように社内のコミュニケーション効率を向上させるのか

■対象

主に組織内コミュニケーションにおける生産性向上を企図している経営者、経営企画、情報システム、総務人事等担当者など

■開催概要

 開催日時 2019年2月19日(火)15:00~17:10/開場14:45
 プログラム(予定) 14:45 開場~受付開始
15:00 ご挨拶
15:05 Slackのご紹介
15:30 PEPのご紹介
15:55 休憩
16:05 パネルディスカッション形式|事例紹介
16:55 アンケート記入/個別相談会受付
17:10 閉会
 会  場 レバレジーズ株式会社内セミナースペース
〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17階
※詳細の入館方法はエントリーいただいた後にご連絡いたします。
 定  員  50名
登壇企業/登壇者  レバレジーズ株式会社
執行役員 ヒューマンキャピタル事業部 事業責任者
間山 哲規 氏
—–
Slack Japan株式会社
事業開発・アライアンス
上田 純平 氏
—–
株式会社ギブリー
取締役
山川 雄志
 主  催  株式会社ギブリー
 共  催  株式会社ギブリー
 【参加申し込み】  http://bit.ly/slack_pep

<注意事項>
※定員を超える場合は抽選にて参加者を確定いたします。
※1回の申込につき1名が参加可能となっております。2名以上での参加を希望する場合は、個人単位でお申し込みください。
※弊社の競合となるサービスをお持ちの企業様のご参加につきましては、お断りさせていただく可能性がございます。
※法人様対象のセミナーのため、個人でのお申し込みは受け付けておりません。
※当日セミナーの様子を撮影させていただく場合がございます。
※登壇者が急遽変更になる可能性がございます。


■PEP(ペップ)について

PEPは、繁雑な業務上の問い合わせ応対を自動化し、組織内コミュニケーションの生産性向上を図るAIアシスタント作成ツールです。
これまで社内ヘルプデスクに多大な工数/コストをかけていた間接部門側はもちろんのこと、「問い合わせへの回答を待たないとアクションが起こせない」「心理的に簡単な質問を人に聞きづらくそのままにしていた」といった社員側のコスト/工数/負担の削減にも寄与いたします。
PEPでは機械学習を用いて作成した当社独自のシステム辞書を活用し、意図解析モジュールを利用してユーザの発言意図を解析しているため、言語の表記揺れの調整や類似単語の認識を自動化しています。
また様々なクラウドサービスとAPI連携を行い、必要な情報を必要な時に表示させることができるため、繁雑なワークフローを自動化するAIアシスタントとして活用することができます。

■2分でわかるPEP|ペップ

■PEP LINE WORKS連携版の特長

  • プログラミングの必要なく、誰でも簡単にLINE WORKS内でチャットボットを作成できる。
  • LINE WORKS上で作成したチャットボット側からユーザーに対して部署ごと、属性ごとにメッセージの送信が可能。
  • どのユーザーがどう回答したかの集計し、未回答のユーザーに対して日ごと、週ごと、月ごとなどに自動のリマインド通知を行うことが可能。
  • 各種クラウドサービスとAPI連携を行い、ボットから情報を引き出すことが可能。
  • 分析やレポートも可視的に行えて、社員状況把握や組織状況などの経営的な指標にも活用可能。
  • テキストを自由入力した場合、自然言語処理をして最適な回答をレスポンス。

■PEP利用用途のイメージ

  • 総務や情シスなどバックオフィスへのよくある問い合わせの応対。
  • 自社システムへの社内や取引先からの問い合わせ応対。
  • 各種申請フォーマットのありかを即時に返す。
  • 社内イベントなどの個別出欠管理。
  • 緊急連絡と個別の安否確認。

等など、アイデア次第で色々なことを[自動化]することができます。

■株式会社ギブリーについて

ギブリーは「すべての人に成長を」を理念に掲げ、「成長支援事業」を展開しています。主に、エンジニア領域に特化したHR Tech事業、Conversation Tech事業、Incubation事業の3本を事業の柱としています。
https://givery.co.jp

■会社概要

社 名 :株式会社ギブリー
所在地 :東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8階
代表者 :井手 高志
設 立 :2009年4月28日
資本金 :10,000,000円
事業内容:
・HR Tech事業
・Conversation Tech事業
・Incubation事業

■本リリースに関するお問い合わせ

株式会社ギブリー https://givery.co.jp/
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
Tel: 03-6277-5463(サービス担当:梅川 広報担当:濵) / Mail: press@givery.co.jp

PEPによる業務効率化・コスト削減について詳しく知りたい方は お気軽にご相談ください

コスト削減効果を無料で
シミュレーションできます
導入にあたってのお悩みや
ご不明点をお話しください
導入にあたってのお悩みや
ご不明点をお話しください

お電話でのお問い合わせ03-6277-5463平日10:00~18:00