PEP

会話科学で働き方改革を一歩前へ
チャットボット型業務改善ツール

03-6277-5463[受付時間]平日9:00-18:00

コラム

PEPと他社チャットボットとの違いは?

社内向けに特化したチャットボット

チャットボットの利用目的で分類すると、カスタマーサポート、購買促進や顧客満足度向上などを目的としたマーケティング向けのもの、社内のコスト削減や生産性向上を目的とした社内向けのものがあります。PEPは、後者に特化したチャットボットです。 ちなみに、弊社はSYNALIOというサービス名で前者のマーケティング向けチャットボットも提供しています。

社内利用で求められる機能に焦点をあてて、より効果を上げていただくために用途を絞ってご提案しています。

連携機能の違い

チャットツールとの連携

お使いのグループウエア、社内ポータルサイトに設置するので、新たな業務システムに乗り換える必要はありません。また、Sack/LINEWORKS/Microsoft Teamsとの連携も可能です。ユーザーは担当とチャットでやり取りするかのように、気軽に質問することができます。

さらに、こちらから通知を送り、自動でリマインドすることもできます。たとえば経費精算や勤怠に関する連絡などを毎月定期的におこなわれる全社へ周知すべき内容を、ユーザーへ個別に配信することができます。未回答者には日ごと/週ごとなどに自動リマインドをおこなうことができるため、個別で話しかけで回答を促進する手間が省けます。

API連携

加えて、勤怠管理システムなど業務ツールとAPI連携もできます。たとえば、名刺管理ツールと連携すると、外出先ですぐに訪問先の電話番号を引っ張ることができます。また、顧客管理ツールと連携すると、顧客対応履歴をチャット上で確認できます。

PEPと他社製品の違い

導入・運用における他社との違い

導入準備のしやすさ

選択肢型のシナリオ作成は、プログラミングやExcelを駆使して作成するものもありますが、PEPはドラック&ドロップで直感的に質問と回答の流れを作成します。そのため、プログラミングなどの知識がない方でも、すぐに作成していただくことが可能です。また、テンプレートも用意しているので、管理画面にログインしたその日からチャットボットを利用できます。

一問一答型について、 PEPは機械学習型を採用しています。 社内向けチャットボットの場合、高価な自動学習モデルを導入してもデータ量が足りないため、なかなか学習せず、社内公開まで時間がかかることもあります。機械学習型は、問い合わせられるであろう質問とその回答を用意し、登録するとすぐに利用できます。他社のAIエンジンを使っているのではなく、PEPは独自のAIエンジンを搭載しており、社内問い合わせに特化した辞書を随時アップデートしていくため、全社的に解決率を高められる仕組みとなっています。

メンテナンスがしやすい

効果を出すには継続して運用、改善をおこなうことが不可欠です。PEPでは、チャットの利用状況をビジュアルで可視化して確認することができます。また、回答できなかった言葉の登録も簡単です。蓄積された会話データからそれを抽出し、最短2クリックで学習が完了します。

まとめ

PEPは社内向けに特化したチャットボット作成ツールです。誰でも簡単に所属する会社の生産性向上ができるように、管理画面の使いやすさにこだわっています。また、単なるQA回答だけでなく、バーチャルアシスタントとして活用されるように各種ツールとの連携を強化しています。

PEPについてのお問い合わせはこちら
https://pep.work/inquery/

SNSで記事をシェアする

前の投稿 3分で分かる! … 陽気な気候でイキ… 次の投稿
ページ上部へ戻る