PEP

会話科学で働き方改革を一歩前へ
チャットボット型業務改善ツール

03-6277-5463[受付時間]平日9:00-18:00

コラム

スタッフ紹介(吉川陽南子)

お客様が全社から、より一層感謝していただけるサポートを。

現在の業務内容について

私は、カスタマーサポートと弊社自体で運用している人事総務チャットボットの管理を行っています。

PEPは、チャットボット型業務改善ツールです。ご発注いただいた時点では回答データがない状態なので、お客様に社内QAを登録していただく必要があります。カスタマーサポートは、チャットボットの作成と運用のサポート全般を担当しています。

ご発注いただくと、はじめに我々サポートチームとお客様でお打ち合わせをします。 目標 やチャットボットに登録したいQA、社内公開日をもとに、運用方針や作成スケジュールを決めていきます。また作成のサポートだけでなく、社内でより活用していただくために社内展開時の企画を提案することもあります。

テクニカルな質問やご要望は、社内の開発チームと連携し、対応をおこなっています。 また、アップデートの度に機能が追加されるため、意外と知られていない機能も多いです。そのため、お客様に新たな活用方法もお知らせしています。私たちも新たな機能を使いこなせるように必死です(笑)

弊社では「AI美咲さん」という人事総務チャットボットを作成し、Slackに設置して利用しています。詳しくは、「我が社のAI人事・「AI美咲さん」が愛される理由」をご覧ください。お客様と同じく、管理部門と一緒にプロジェクトを進めています。 メンバーが自ら運用できるように操作方法を説明したり、登録したい内容の取捨選択をしています。大変なこともありますが、「便利になった! ありがとう!」と感謝されることが増え、楽しいなと感じています。このようにお客様も全社からますます感謝していただけるよう、サポートしていきたいです。

これまでの経緯について

始めは、インサイドセールスとして活動していました。電話で企業の課題をお伺いすることで、働き方改革に貢献したいという気持ちが強くなりました。その後、フィールドセールスへ異動しました。契約までのやり取りの中で、社内を巻き込んで上申する大変さを知りました。こうした経験を通して、現在ではお客様の課題や置かれている状況を汲みとり、カスタマーサポート業務に活かしています。

PEPで今後やりたいこと

とてもいいツールですが立ち上がったばかりのサービスのため認知度が低く、世の中の働き方改革にこれからもっと貢献できると思っています。働き方改革のプロジェクトが立ち上がった際に、まずPEPを思い浮かべていただきたいです。

またツールとしては、専属の秘書のように、スケジュール管理や勤怠管理、資料探しなど日々の業務を助けてくれるバーチャルアシスタントにしていきたいです。

PEPの好きな機能

迷います…。数ある機能の中で、一番感動したのは発言内容の記憶機能ですね。発言内容の記憶機能とは、例えば、対話ノードでフォームをつくったときに、フォームの入力を記憶してメール送付したり、CSVに落とすことができる機能のことです。

主にお問い合わせフォームを作成する際、この機能を使うのですが、あまり使われていないのが現状です。チャットボットの対応だけでは答えきれない質問に回答するための便利な機能なので、ぜひ使っていただきたいですね。

他には、通知設定機能の中にある、コピー作成機能が好きです。毎月「AI美咲さん」で月末の勤怠締めや全社朝礼のお知らせを全社員に配信するのですが、手作業で入力内容をコピペすることがやや面倒でした。この機能を利用すると、配信頻度や配信後に付与するラベルの設定がそのまま移行できるので、作業時間が半分になり、働き方改革を実感しています。

そのために、まずは今ご利用いただいているお客様にPEPをフル活用していただけるようサポートしてまいりたいと思います!

SNSで記事をシェアする

前の投稿 API連携機能で… 今さら聞けないチ… 次の投稿
ページ上部へ戻る